鸚鵡石(おうむせき)に行ってきました!シリーズ②

Date:2012.06.05 [カテゴリ:観光スポット情報]

5月30日に引き続き・・・

お客様からの問合せにより、鸚鵡石探検隊を結成した私たち。

看板に導かれるまま、恐る恐る山道を登っていくことに。

 

新緑も芽吹く季節ですし、森林浴をしながらハイキング気分♪

と行きたいところなのですが・・・

 

時々、行く手をさえぎるくもの巣が。

 

というわけで、びしばし小枝を振り回しながら進みます。

山道

 

途中で、思いがけず池も登場し・・・

池

 

ほどなく現れる階段を上っていくと・・・

階段

 

ありましたーーー!!

鸚鵡石

 

これが、伝説の鸚鵡石・・・。

 

空から光が射して、なんだか神々しい気さえします。

 

高さ15メートル、幅15メートルの大きな岩石で、鸚鵡(おうむ)の人まねのように、音を反響するため、鸚鵡石と呼ばれるとのこと。

伝説によると、昔々この地方の豪族の娘さんが、婚約者の心変わりを恨んで、お母さんの形見の横笛を胸に抱き岩の上から身を投げたとのこと。

以来、この石に向かって「歌」を歌うと、「歌」は反響するけれども、「笛」の音だけは反響しないそうです・・・。

看板

本当なのか実証しようにも、今回、笛は持って来ませんでした。

 

周りは、新緑がきれいで、パンフレットによると紅葉もすばらしいそうですよ!

 

と、いうわけで、初めて行った鸚鵡石は、恐い場所というよりも、

ちょっとした冒険気分を味わいながら神掛かった伝説の場所が見られる、

そんな場所でした。

 

どうしても伝説に興味があるという方は、笛持参の上、試してみてください。

(そして結果を教えてください。)

 

 

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.taharakankou.gr.jp/p/trackback/000036
受け付けたトラックバックは管理者の承認後、公開されます。

コメント

この記事に対するコメントはまだありません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

一覧に戻る

渥美半島ぶろぐ

最新の記事

かてごり

あーかいぶ

友好交流
フォトギャラリー
渥美半島ブログ
観光パンフレット
観光ボランティアガイド
渥美半島岬プロジェクト