• マイページ
  • 宿泊のご案内
  • 観光パンフレット
  • 渥美半島ぶろぐ
  • 体験プログラム【たはら巡り~な】
  • かんこうえりあけんさく渥美半島ボランティアガイド

グオリアサ

ぐおりおさ

観るとこ
グロリオサは炎のようなエキゾチックな花形が特徴
田原市におけるグロリオサの栽培は昭和50年代に始まりました。その後、市場で人気が高まるにつれ栽培農家数が増加し、平成元年に共選共販組織「グロリオサ研究会」(現在はグロリオサ出荷連合)が発足しました。平成20年度の会員数は16名、出荷本数は約540万本で、関東方面を中心に出荷されています。
主な栽培品種は、赤色の「ロイヤル」と黄色の「ルテア」で、周年出荷を行っています。また、オリジナル品種の育成も盛んで、現在3品種が栽培されています。