• マイページ
  • 宿泊のご案内
  • 観光パンフレット
  • 渥美半島ぶろぐ
  • 体験プログラム【たはら巡り~な】
  • かんこうえりあけんさく渥美半島ボランティアガイド

小中山漁業協同組合からの潮干狩り中止のお知らせ

小中山漁業協同組合からのお知らせです
 
緊急事態宣言発令に伴う潮干狩りの中止について
  
 5月12日(水)から5月末までの緊急事態
 宣言発令が620日まで延長されたことに伴
 い、6月8日から14日の潮干狩りの開催は中止
 とせていただきます。

 
◎緊急事態宣言解除後の潮干狩り再開
  電話等による再開の要望が多数あることを
 受け、6月24日から27日に開催を予定してお
 りますが、宣言解除がない場合は、中止にな
 ることがあります。








小中山漁業協同組合ホームページでご確認ください。
  
小中山漁業協同組合ホームページはこちら⇒
 
🔴詳しい情報はこちらから👉👉👉🌟🌟🌟
小中山漁業協同組合
TEL:070-2225-8256
平日・土日 午前9時~午後4時まで(祝日は電話応対不可)

🔴追記:土曜・日曜は連絡先の電話番号が繋がります。
 
<注意>
新型コロナウイルス感染症の影響やあさりの採れ具合等により、
中止・変更となる場合がありますので、お手数ですが日程表に記載のある問合せ先にご確認下さい。

リンク

伊良湖天文台って、ご存知ですか♬

渥美半島観光ビューローのブログをご覧の皆さま、こんにちは♬
突然ですが、伊良湖天文台って、ご存知ですか?

実は昨日、皆既月食の観望会があり、参加させて頂きました。
スーパームーンの皆既月食は24年ぶり・・・なのだとか。
もうこれは、観たいに決まってますっ!!!

まずは座学で「皆既月食とは?」「皆既月食が起こる原理は?」「皆既月食が起こっているときに月が赤く見えるのは?」をお勉強。
とても丁寧に講師の先生が教えてくださり、観る気満々。
講師の先生は、元・豊橋市自然史博物館の学芸員さんで、現・豊川ジオスペース館にお勤めの方です。

さ~~~っ!!!
テンションマックスですっ😊😊😊!!!

・・・が。
・・・残念なことに。
皆既月食は観られませんでしたが、素晴らしい天文台を観てきましたよ~✨✨
伊良湖ホテル&リゾートさんには、スライドルーフの天文台があります。
最近のスマホはなかなか高性能ですので、このような月のクレーターがスマホでも撮影できるんだそうです。

伊良湖天文クラブでは、星空と向き合った時の素直な感動とロマンを、皆さんと共に三人の先生方と共に分かち合って行けるような、観望会、企画ものを実施していきたいと考えているそうです。
興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

伊良湖ホテル&リゾート天文クラブ」のお問い合わせはこちら

リンク

【江比間野外活動センター 青年の家/キャンプ場】へ行ってきました~♬

渥美半島観光ビューローのブログをご覧の皆さま、こんにちは😊

今日は、江比間野外活動センター 青年の家/キャンプ場を紹介いたします♫
この施設は、5名以上の団体さん専用の施設となっていますが、5人以上のご家族やグループ等でも利用は可能です。

国道259号線を、道の駅田原めっくんはうすから伊良湖方面に向かって、車で走ること8.2キロ(約15分弱)
左手に、こんな看板が出てきたらここを左折。

正面にセンターハウスがあるので、ここで宿泊手続きをします。


体育館


和室


洋室


お風呂(2箇所あり)


厨房



キャンプ場

テントサイト
(テントは常設のテントが設置されます(持ち込みのテントは設営できません)

野外炊事場

キャンプファイア場


和室からの眺望です♫
地元の私たちですら、思わず声がもれるほどの絶景でした~✨✨
問い合わせ先
 江比間野外活動センター
 ☎0531-37-1025 
 Fax0531-37-1287

リンク

田原凧祭り【初凧祈願祭】に行ってきました‼️

渥美半島観光ビューローのブログをご覧の皆さま、こんにちは😃
22日(土)に、初凧祈願祭を見学に行ってまいりました。

田原凧保存会の皆さんで、ご祈祷を執り行います。

初凧を時間差で順に引き渡しをします。

凧保存会の方に、お子様の健康を祈願し、凧を揚げてもらいます。



参加者の皆さんのご健康を願っています‼️

リンク

初立池公園のしょうぶ♪ 5月23日現在

こんにちは(^^)/
いよいよしょうぶ、あじさいが気になる時期になってきましたね♪

初立池公園のしょうぶの開花状況をお知らせしま~す(´▽`*)
きれいに咲き始めてきましたよ~♬ (5月23日現在)









今年は例年より早い印象です(^^♪
今後が楽しみです(^_^)v

初立池公園の詳細はこちらから →→→ ♪♪♪

★お問い合わせ先★
 田原市役所 地域課 TEL:0531-33-1111

リンク

初立池のしょうぶ開花状況(5月13・15日現在)

こんにちは(^^)/
暑くなってきましたね!!
これからしょうぶ、アジサイの季節がやってきますね!
楽しみですね(´▽`*)

初立池公園のしょうぶ開花状況をお知らせしま~す(´▽`*)

●5月13日(木)現在

ちらほら咲き始めました。
真ん中の畑の手前あたりの黄色のしょうぶが少し早く
西側と真ん中の畑の紫色のしょうぶがぽつぽつ咲き始めています。
東側の畑はまだです。
アジサイも少しだけ咲き始めていました。

●5月15日(土)現在







今年は例年より早い印象です(^^♪
今後が楽しみです(^_^)v

初立池公園の詳細はこちらから →→→ ♪♪♪

★お問い合わせ先★
 田原市役所 地域課 TEL:0531-33-1111

リンク

行ってきました~♬『海のまち山のまちスタンプラリー』!!!

渥美半島観光ビューローのブログをご覧の皆さま、こんにちは~♬

今日は、田原市・設楽町・阿南町・宮田村で開催している、
われらが田原市の、道の駅「あかばねロコステーション」からスタート~♬


まずはここ。
新城にある道の駅「もっくるしんしろ」さん。


で、山道をのぼり走り・・・。
田峯観音駐車場内にある「田峯特産市場」で、2つ目のスタンプGETです。


お茶畑がとても気持ちの良いお店でしたよ~。


お土産に甘みそ買いました~(〃艸〃)ムフッ💕

仙石平っ!!!
🌊海のまち🌲山のまちスタンプラリーのご案内はこちら♬

リンク

はなとき通りで交通安全の呼びかけがありました♬

渥美半島観光ビューローのブログをご覧の皆さま、こんにちは♬
ご訪問いただきまして、(人''▽`)ありがとうございます☆

今日、はなとき通りを通ったら、はなとき通り商店街の方々が、交通安全の呼びかけをされていました♬


近くを歩いている方にも、チラシとお花を渡してくださっていた白バイ隊員の方。
「交通安全に気を付けてね♬」と、優しい笑顔がとても印象的でしたよ✨✨

はなとき通り商店街の皆さま、ありがとうございました。

*******************************************

交通安全には、充分気を付けて過ごしたいですね😊


リンク

蔵王山展望台利用時間変更について

蔵王山展望台からのお知らせです
愛知県厳重警戒措置実施延長に伴い、5/12(水)~5/31(月)まで展望台施設は20:00閉館となります。

期間中、ライトアップは中止します。

ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。
 
 
蔵王山展望台ホームページはこちら⇒☆☆☆
お問合せ先 0531-22-0426(蔵王山展望台)

リンク

唱歌『椰子の実』のこと♫

***********************************************************************
渥美半島観光ビューローのブログをご覧のみなさま、こんにちは😊✨✨
いつもご覧いただき、ありがとうございます♬

今日は、抒情詩『椰子の実』、唱歌『椰子の実』のことを、ぜひ知ってください♬
『國民歌謠』第三輯 日本放送協會ラヂオ・テキスト(昭和十一年十一月五日発行)に収録の歌詞。
 「實」「舊」など旧漢字が使われています。


【島崎藤村と柳田國男の関係】
 島崎藤村の親友の柳田國男(やなぎたくにお・のち民俗学者)は、東京帝国大学(現・東京大学)の学生の時、知り合いの画家から風光明媚な地と聞いた愛知県渥美半島の伊良湖で一ヶ月余りを過ごしました。
 
 ある日の早朝、伊良湖岬の恋路ヶ浜で、南の島から黒潮に乗って何年もかかって浜辺に打ち上げられている椰子の実に遭遇しました。
 帰京して、その感動を島崎藤村に話した所、心を動かされた藤村は、椰子の実の漂流の旅に故郷を離れて居を転々としてさまよう“漂泊の詩人”である自らの憂いを重ね、この詩を書きました。
 詩の五~七連には、特に藤村の思いが込められているように思います。
 
 明治三十三年(1900年)、雑誌『新小説』六月号に「海草」という総題の五篇の詩の一篇「其二」として発表しました。
翌年、詩集『落梅集』(明治三十四年八月二十五日、春陽堂刊)では独立した作品「椰子の実」として収録。
 柳田國男は民俗学者になる以前は、松岡國男という詩人で、島崎藤村とは新体詩の仲間でした。
官界に進んだ後も、島崎藤村、山田花袋、国木田独歩、蒲原有明など文学者との交流は続きましたが、大正時代に入ってから、当時の文学、特に自然主義や私小説のありようを次第に嫌悪するようになっていったそうです。
 東京帝国大学では農政学を学び、農商務省の高等官僚となった後、講演旅行などで東北を中心に地方の実情に触れる内に次第に民俗的なものへの関心を深めていきました。

  柳田國男著『海上の道』(筑摩書房)昭和三十六年(1961年)七月発行に、「椰子の実」や「島崎藤村」の事などの経緯が詳しく書かれています。

 【柳田國男著『海上の道』】岩波文庫24 ・25ページより抜粋】
 “途方もなく古い話だが、私は明治三十年の夏、まだ大学の二年生の休みに、三河(みかわ)の伊良湖崎(いらござき)の突端に一月余り遊んでいて、このいわゆるあゆの風の経験をしたことがある。(中略)
 
 今でも明らかに記憶するのは、この小山の裾(すそ)を東へまわって、東おもての小松原の外に、舟の出入りにはあまり使われない四五町ほどの砂浜が、東やや南に面して開けていたが、そこには風のやや強かった次の朝などに、椰子の実の流れ寄っていたのを、三度まで見たことがある。
一度は割れて真白な果肉の露(あら)われ居るもの、他の二つは皮に包まれたもので、どの辺の沖の小島から海に泛(うか)んだものかは今でも判らぬが、ともかくも遥かな波路を越えて、まだ新らしい姿でこんな浜辺まで、渡ってきていることが私には大きな驚きであった。
 この話を東京に還(かえ)ってきて、島崎藤村君にしたことが私にはよい記念である。
今でも多くの若い人たちに愛誦(あいしょう)せられている「椰子の実」の歌というのは、多分は同じ年のうちの製作であり、あれを貰いましたよと、自分でも言われたことがある。
   そを取りて 胸に当つれば新たなり 流離の愁ひ
 という章句などは、もとより私の挙動でも感懐でもなかったうえに、海の日の沈むを見れば云々の句を見ても、或いは詩人は今すこし西の方の、寂しい磯ばたに持って行きたいと思われたのかもしれないが、ともかくもこの偶然の遭遇によって、些々(ささ)たる私の見聞もまた不朽のものになった。”


 【「あゆの風」について】
 「あゆの風」は「東から吹く風」「あゆ=東風」のこと。
文中には「東へまわって」「東おもての」「東やや南に面して」と、東から浜に吹く風を思わせる描写があります。
  例・「英遠(あお)の浦に寄する白波いや増しに立ち重(し)き寄せ来(く)あゆをいたみかも」 (万葉・一八・四〇九三)
  訳・英遠の浦(=富山県氷見(ひみ)市北部ノ海岸)に寄せる白波は、ますます立ち重なって打ち寄せる。東風が激しいからだろうか。
 百田宗治作詞、草川信作曲の『どこかで春が』の歌詞には、「山の三月、東風(こち)吹いて」があります。
この場合の「こち=東風」は、春風のことです。俳句では春の季語です。
「東風(こち)」は、現代の子どもには理解できない言葉になっているので、小学校の教科書では「そよかぜ」と改作した歌詞を掲載しています。「東風(こち)」と「そよ風」では詩から受けるイメージが違います。
「東風(こち)」の説明文を添えて、原作のまま歌わせてほしいものですね。
  例・「東風吹かばにほひおこせよ梅の花 主(あるじ)なしとて春を忘るな」 (菅原道真が左遷された時の歌)。
  【「明治三十一年」説について】
 まず、柳田國男著『海上の道』に「明治三十年の夏」「大学二年生」と書かれている事実は動かしがたい。それなのになぜ、「明治三十一年」説があるのでしょうか。
  これは、柳田國男の年譜を見ると理解できます。大学への入学年が「明治三十年」になっています。つまり「明治三十年」は「大学一年生」です。
 そして、東京帝国大学で一年を終えての夏季休暇・・・ということで、明治三十一年だと推察されますよね。 

※では、内容を戻します。

  “柳田國男が「伊良湖岬」の漁村に滞在したのは、明治三十一年(1898年)七月、夏の一ヶ月余り(約五十日間)で、
東京帝国大学で一年を終えた夏季休暇の時であった。
 柳田に「伊良湖岬」を紹介したのは、当地出身の画家の宮川春汀
で、彼の語る故郷の素朴な民情に心を引かれた柳田は、伊良湖村の小久保惣三郎の離れ座敷に仮寓し、夏期休暇を送った。
 滞在中、一夏にわたって近在の村々や神島へと足を伸ばし、風景明媚な自然や、素朴な村人たちとも親好を深め見聞を広めた。
「恋路ヶ浜」に流れ着いた「椰子の実」を見つけたのはこの時の事だった。「椰子の実」は島崎藤村が執筆した詩である。

 一八九八年(明治三十一年)夏、東京帝国大学二年生だった柳田國男がこの地に一ヶ月滞在した時、
「風の強かった翌朝は黒潮に乗って幾年月の旅の果て、椰子の実が一つ、岬の流れから日本民族の故郷は南洋諸島だと確信した」といった話を親友だった藤村にし、藤村はその話にヒントを得て「椰子の実の漂流の旅に自分が故郷を離れてさまよう憂い」を重ね、この詩を書いた。
 一九三六年(昭和十一年)七月、NHK大阪中央放送局で放送中だった「国民歌謡」の担当者が、作曲家の大中寅二を訪問しこの詩に曲を付すよう依頼し、曲が完成した。”


 また、椰子の実をひろった柳田國男が逗留した網元の家(柳田は離れ座敷を間借りしていた)は、現在・伊良湖シーパーク&スパの敷地内にあるんだそうです。
 ★「日本民俗学の父 柳田國男逗留の地碑」は、伊良湖シーパーク&スパの入口の所にあります。

【歌曲「椰子の実」の誕生の物語】
「椰子の実」は島崎藤村が執筆した詩である。
一八九八年(明治三十一年)夏、東京帝国大学二年生だった柳田國男がこの地に一ヶ月滞在した時、
「風の強かった翌朝は黒潮に乗って幾年月の旅の果て、椰子の実が一つ、岬の流れから日本民族の故郷は南洋諸島だと確信した」
といった話を親友だった藤村にし、藤村はその話にヒントを得て「椰子の実の漂流の旅に自分が故郷を離れてさまよう憂い」を重ね、
この詩を書いた。
一九三六年(昭和十一年)七月、NHK大阪中央放送局で放送中だった「国民歌謡」の担当者が
作曲家の大中寅二を訪問しこの詩に曲を付すよう依頼し、曲が完成した。

今日も読んでくださって、ありがとうございました♬

おかぴでした♪(´ᵕ`๑)۶⁾⁾

リンク