• マイページ
  • 宿泊のご案内
  • 観光パンフレット
  • 渥美半島ぶろぐ
  • 体験プログラム【たはら巡り~な】
  • かんこうえりあけんさく渥美半島ボランティアガイド

岩手県大槌町での菜の花の取り組み  その①

セントレアさんが実施する「復幸菜の花プロジェクト」。

東日本大震災の被災地のひとつである岩手県大槌町を菜の花で支援しようという取組です。

 

このプロジェクトに、渥美半島観光ビューローもご協力をしており、

微力ではありますが、菜の花の種のご提供などを通じて取組のご支援を行っています。

 

 

今回、その大槌町へ菜の花の様子を見に行ってきました。

 

 

津波で大きな被害を受けた大槌町の市街地は、ニュースで見たことのある光景が広がっていました。

 

市街地     大槌町

たくさんの住宅やお店があった、大槌町の中心市街地だった場所だそうなのですが、

家の基礎を残して、荒涼とした風景が広がっていました。

 

 

大槌町役場。

 

 

町長さんをはじめ、市の職員の方も大勢亡くなられた、

という話をうかがいました。

 

 

JR大槌駅だったところ。

大槌駅     大槌駅

 

ここも線路があったところに草が生えてきています。

 

 

関係の方の話では、もうすぐ2年が経つが、復興にはまだまだ時間がかかりそうだ、とのことで、

私たちも被災地の方々のお話をうかがって、その現状を目の当たりにしたのでした。

 

 

 

 

この大槌町で、被災した方々を元気付けたいと

河川敷に菜の花を植える活動をされている金山さんという方がいらっしゃいます。

 

その方の所を訪ねたのですが、

それはまた次回、ご紹介します。

 

このページのトラックバックURL http://www.taharakankou.gr.jp/p/trackback/000134

管理者の承認後に公開されます

この記事に対するコメントはまだありません。

コメントは記事の投稿者が承認後に公開されます