保美貝塚(ほびかいづか)

保美貝塚
渥美半島の三大貝塚の一つ

縄文時代晩期(大体3,000年~2,300年位前)の貝塚です。

田原市保美町の免々田川(めめだがわ)の西側にあります。

 

明治36年(1903)に大野延太郎(おおのえんたろう)氏が、初めて学会に報告して、その後数多くの考古学者が発掘し、有名になりました。葬られた縄文人骨をはじめ、土器、骨角器、石器などが出土しており、盤状集積という珍しい埋葬の方法も見つかっています。

縄文時代を語る上で、欠かせない重要な遺跡です。

詳細データ

名称

保美貝塚(ほびかいづか)

カテゴリ 観光スポット 観る 歴史と文化
所在地 福江市街地周辺
田原市保美町
問い合わせ先 渥美半島観光ビューロー
TEL:0531-23-3516

関連スポット

地図データ


より大きな地図で 保美貝塚 を表示

一覧に戻る