西行の歌碑(さいぎょうのかひ)

西行の歌碑
諸国を旅した平安末期の歌人の”足跡”

西行法師は平安末期の歌人。諸国を旅し、多くの名歌を残しました。

文治二年(1186)69歳の時、東大寺大仏殿再建の勧進のため、伊勢(二見ヶ浦)から伊良湖へ渡航し、奥州への旅を続けました。

伊良湖の地では、「浪もなし いらごが崎にこぎいでて われからつける わかめかれあま」という歌を残しています。

詳細データ

名称

西行の歌碑(さいぎょうのかひ)

カテゴリ 観光スポット 観る 歌と詩
所在地 伊良湖岬周辺
田原市伊良湖町
交通アクセス 伊良湖港すぐそば
問い合わせ先

地図データ


より大きな地図で 西行の歌碑 を表示

一覧に戻る

マイページ

モデルコース

近所のスポット

友好交流
フォトギャラリー
渥美半島ブログ
観光パンフレット
観光ボランティアガイド
渥美半島岬プロジェクト