ひな人形と初凧展

期間:2018.02.10~2018.04.01 [カテゴリ:伝統行事]
ひな人形と初凧展
お子様の誕生と健やかな成長を祝う季節☆彡
     原市博物館平常展✿

  ひな人形と初凧展 

   期間:平成30年2月10日(土)~4月1日(日)
   時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで・月曜休館)
   場所田原市博物館企画展示室
   観覧料一般210円、小中学生以下無料(毎週土曜日は高校生も無料

 旧家に伝わるひな人形や田原の初凧
  3月3日の上巳の節句(ひな祭り)と5月5日の端午の節句
  の時期にあわせ、普段は見られないこれらの文化財
  田原市博物館で展示されます(^O^)/

  子どもの誕生と健やかな成長を願う日本ならではの文化
  田原の歴史を再発見する絶好の機会です!!

  期間中はスタンプラリーも♪

  ひなまつり展福江✿つるし飾りロード田原まちなか雛祭りめぐり
  とあわせてお楽しみ下さい(^o^)丿



◎ひな人形 in 田原
 この地方でひな祭りに雛人形を飾る習慣が広まったのは江戸時代後半。明治中ごろからは男びな、女びなが一対となった親王飾りひな人形が飾られるとともに、素朴な味わいのある土人形も愛された。大正の中ごろには豪華な御殿飾りのひな人形が登場し、さらに戦後の高度経済成長期には今日の屏風段飾りひな人形が主流となった。



◎初凧 in 田原
 江戸時代、男の子が生まれた翌年の端午の節句に親戚などから贈られた祝い凧を揚げ、その子の健やかな成長と家門繁栄を願ったのが始まり。毎年5月の第4と曜日に開催される「初凧祈願祭」では武者絵、歌舞伎絵などが描かれた華やかな初凧を大空に揚げ、子どもの健やかな成長と将来の飛躍を願う。



【お問合せ先】
 田原市博物館
 TEL:0531-22-1720

詳細データ

タイトル

ひな人形と初凧展

所在地 田原市博物館 田原市田原町巴江11-1
交通アクセス 豊橋鉄道「三河田原駅」から北へ徒歩15分
問い合わせ先 田原市博物館
TEL:0531-22-1720
関連サイト http://www.taharamuseum.gr.jp/

地図データ


より大きな地図で ひな人形と初凧展 を表示

一覧に戻る

近所のスポット

友好交流
フォトギャラリー
渥美半島ブログ
観光パンフレット
観光ボランティアガイド
渥美半島岬プロジェクト