シェルマよしごに行ってきました!その1

Date:2012.08.24 [カテゴリ:観光スポット情報]
こんにちは!

凧作り教室に引き続きKです!


本日はシェルマよしごに行ってきました♪


シェルマよしごの「シェルマ」は、貝塚の英訳シェルマウンド(shell mound)が由来だそうです。

吉胡貝塚は国指定の史跡です!




園内は芝生の緑がきれいで、 

貝塚の様子がわかる展示施設が設置してあります。


こちらは貝塚の断面の模型で、


こちらの貝塚は発掘したままの状態なんですよ(゜O゜*)




また、吉胡貝塚資料館の中には

吉胡貝塚の人々の暮らしや出土品、発掘の様子が展示されています~。


館内ではほかにも、縄文時代の暮らしが学べるクイズコーナーがあったり、

自分の顔の縄文人度が測定できたりします(*゜▽゜*)




そして、今回は見学のほかに体験学習に参加してきました(*^^*)

その内容は、次回に続きます・・・!!

凧作り教室に参加してきました!

Date:2012.08.23 [カテゴリ:観光スポット情報]
こんにちは!

8月21日から田原市役所の商工観光課でインターンシップをしておりますKです。


田原まつり会館の凧作り教室に参加してきましたので紹介したいと思います♪




田原まつり会館は市役所から歩いて5分ほどのところ、田原市の中心に位置しています。

館内にはからくり人形を乗せた山車や、田原凧などが展示されています。






それではさっそく凧作りをレポートしたいと思います(*゜v゜*)


まずは凧紙を2つ折りにして中心を決めます。


凧紙を裏にして凧骨を乗せ、バランスを決めます。

大体でOK!自分の感覚に頼ります…。


凧骨を張りつけていきます。

先ほど決めたバランスを思い出しながら

慎重に張っていきます(--;)うーん


穴をあけ、糸目糸をつけます。

田原凧は上下2か所にしかつけないのが特徴なんですよ~。


頭糸をつけ、しっぽを裏からつけます。




最後に揚げ糸と糸目糸を結ぶのですが、

私には難しくて苦戦してしまいました(><)




だいたい40分ほどかけて…


凧が完成しました~☆


完成したのちに凧の揚げ方を教えていただき、

私の凧も少しですが館内を舞いました!


今回はあらかじめ絵が描かれている凧紙を使いましたが、

自分で好きな絵を描いてオリジナルの凧を作ることもできるそうですよ(*^^*)




この凧作りは事前に予約をしたらどなたでも体験できます♪

絵が描かれている凧は500円、自分で絵を描く凧は400円で作れるそうなので、

皆さんもぜひ!!田原市の伝統文化に触れてみてはいかがでしょうか?


田原まつり会館に関する情報はコチラ














愛知県一低い山「潮海山(ちょうかいさん)」へ行ってきましたシリーズその③

Date:2012.08.06 [カテゴリ:観光スポット情報]

シリーズ2回目から、日にちが経ってしまいました。

 

愛知県一低い山へ上ろうということで、チャレンジを試み、

 

頂上にたどり着いたと思っていた私たち。

 

ところが、

 

「頂上=(イコール)祠」では、なかったのです・・・。

 

 

( ̄□ ̄;)!!

 

 

すっかり頂上にたどり着いたと思っていたのですが、地域の方にうかがうと、祠は山の中腹。

 

実はその手前の道に分岐点があり、頂上には石碑(?)があるとのこと。

 

 

また潮海山で神の怒りに触れると祟りがあるとも・・・。

 

( ▽|||)サー

 

 

 

お気軽ハイキング気分だった私たち。

 

あわてて、再度「きちんとした」神様へのご挨拶&頂上制覇をするべく、再び愛知県一低い山へと向かいました。

 

 

 

前回進んだ道を再度チャレンジ!!

 

 

そして、教えていただいたとおり、祠の手前の分岐点を左にすすみます。

 

 

ここが分岐点。

分岐点

 

 

聞いた話では、頂上までの道には赤色の目印があるそうなのですが・・・。

目印

 

 

あった!

 

 

ありました。

赤い目印2

ところどころ赤い目印があります。

 

 

これを目印に進むのですが・・・

 

 

分け入っても分け入っても竹ばかり。

山道

 

 

そろそろ頂上の石碑が見えてくるはず・・・・。

 

 

としたろころ・・・・

頂上?

 

あったぁ!

 

 

遠くに石碑と頂上の赤い目印がみえます!!

 

 

しかし・・・

残念なことに、周囲の木が邪魔をして、これ以上進むことができませんでした。

 

 

 

 

ここで終わるのか!とお叱りを受けそうなのですが、

他の方のブログで、上まで登りきった方もいらっしゃいますので、

参考にしてくださいm(_ _)m

 

 

というわけでお詫びの潮海山にまつわる豆知識をお届け。

 

 

潮海山の祠は猿田彦神社がまつってあるそうです。

 

そして・・・

 

この時期、登山の際は虫除けスプレーは必須ですよ!

 

 

 

超低山の潮海山。

 

 

猿田彦神社の祠へのご参拝なら気軽に行くことが可能です。

 

 

こんな名所が田原市にあったのね、というご紹介でした☆

 

 

 

愛知県一低い山「潮海山(ちょうかいさん)」へ行ってきましたシリーズその②

Date:2012.07.24 [カテゴリ:観光スポット情報]

シリーズ2回目。

 

1回目からちょっと日があいてしまいました。

これには深い深いわけがあるのですが、それはまた後でお話をすることにして・・・。

 

とりあえず、愛知県一低い山「潮海山」へと登るべく車を走らせた私たち。

 

おわんを伏せたようなこんもりとした潮海山は、道の駅田原めっくんはうすから、車で五分程です。

 

ふもとには・・・

鳥居

なんと鳥居が立っていましたーーーー!

 

 

なんだか厳かな雰囲気。

 

 

27mの登山とはどんなものなのでしょうか。

 

ちょっとわくわく♪(≧∇≦)

 

 

山道をずんずん進みます。

山道

 

ずんずんずんずん・・・

 

と、そこまで進むことなく、あっと言う間に祠が現れました。

 

 

早っ!

 

さすが標高27m。

 

潮海山祠

 

おぉぉぉ。

 

確かに、潮海山には祠があると聞いていました。

 

 

これが。

 

 

なるほどなるほど。

 

 

しかし、やっぱり愛知県一低い山。

 

すぐ(ほんとに1~2分)着いたなぁ。

 

よかったよかった・・・

 

・・・・と言ってまっすぐ下山。

 

 

これが浅はかな間違いだった事に、後日気付くのでした。

 

というわけで、まさかの第3話目に続きます・・・。

 

 

愛知県一低い山「潮海山(ちょうかいさん)」へ行ってきましたシリーズその①

Date:2012.07.11 [カテゴリ:観光スポット情報]

前回の鸚鵡(おうむ)石に引き続き、お届けする「行ってきましたシリーズ」の第2段。

 

今回の目的地は、なんと愛知県一低い山という潮海山(ちょうかいさん)です。

 

事前リサーチによると、

標高・・・・なんと・・・・27m。

 

・・・か、かわい過ぎる・・・O(≧∇≦)O

 

なんだかとってもミニマムな、県内1位の名所です!!

 

 

目指す目的地は、田原市神戸町。

 

国道259号にある道の駅田原めっくんはうすを過ぎ、「洲田」信号を左手に曲がります。

 

車で少し行くと・・・・

 

みえてきました!

潮海山手前

 

なんだか、おわんを伏せたようなかわいらしい形♪

 

潮海山手前2

 

こんもりとした森のようになっています。 vvb

 

地図を見ても、確かにこれが潮海山。

 

 

さて、いよいよ、県内一低い山の登山に向かいますよ!

 

というわけで次回に続きます!

鸚鵡石(おうむせき)に行ってきました!シリーズ②

Date:2012.06.05 [カテゴリ:観光スポット情報]

5月30日に引き続き・・・

お客様からの問合せにより、鸚鵡石探検隊を結成した私たち。

看板に導かれるまま、恐る恐る山道を登っていくことに。

 

新緑も芽吹く季節ですし、森林浴をしながらハイキング気分♪

と行きたいところなのですが・・・

 

時々、行く手をさえぎるくもの巣が。

 

というわけで、びしばし小枝を振り回しながら進みます。

山道

 

途中で、思いがけず池も登場し・・・

池

 

ほどなく現れる階段を上っていくと・・・

階段

 

ありましたーーー!!

鸚鵡石

 

これが、伝説の鸚鵡石・・・。

 

空から光が射して、なんだか神々しい気さえします。

 

高さ15メートル、幅15メートルの大きな岩石で、鸚鵡(おうむ)の人まねのように、音を反響するため、鸚鵡石と呼ばれるとのこと。

伝説によると、昔々この地方の豪族の娘さんが、婚約者の心変わりを恨んで、お母さんの形見の横笛を胸に抱き岩の上から身を投げたとのこと。

以来、この石に向かって「歌」を歌うと、「歌」は反響するけれども、「笛」の音だけは反響しないそうです・・・。

看板

本当なのか実証しようにも、今回、笛は持って来ませんでした。

 

周りは、新緑がきれいで、パンフレットによると紅葉もすばらしいそうですよ!

 

と、いうわけで、初めて行った鸚鵡石は、恐い場所というよりも、

ちょっとした冒険気分を味わいながら神掛かった伝説の場所が見られる、

そんな場所でした。

 

どうしても伝説に興味があるという方は、笛持参の上、試してみてください。

(そして結果を教えてください。)

 

 

 

 

今年の免々田川のホタルは・・・

Date:2012.06.01 [カテゴリ:観光スポット情報]

毎年、渥美支所の裏手の免々田川沿いで、

幻想的な景色を見せてくれているホタルたち。

 

今年は例年と場所が異なり、免々田川の上流方面でホタルが舞っています。

ホタル

 

 

そのため、駐車場も「渥美支所」駐車場をご利用いただいていましたが、

今年は場所が変更になります。

免々田川上流方面にある、「農協集荷場」の駐車場をご利用ください。

詳しくは、ホタル特集ページをご覧ください。

 

灯ろうも、「農協集荷場」からホタルが楽しめる「山田橋」の付近まで設置されますよ!

期間は、6月1日(金)から6月10日(日)までの、午後7時~午後9時までです。(予定)

 

 

こちらは、昨年の灯ろうの様子。

灯ろう

ホタルと合わせて、幻想的な景色が楽しむことができますよ☆

 

 

周辺は、民家がたくさんあります。

ホタルをご覧いただく際は、周辺の住民の方々に迷惑とならないよう

マナーを守って観察していただくよう、お願いします。

鸚鵡石(おうむせき)に行ってきました!シリーズ①

Date:2012.05.30 [カテゴリ:観光スポット情報]

先日、あるお客様からこんなお問い合わせをいただきました。

「鸚鵡石って、どうしてあんなに恐いのですか??」、と。

 

・・・確かにパンフレットを見ると、昔の若い娘さんがいいなずけの心変わりを恨んで、岩から身を投げて亡くなったとのこと。

恐いと言えば恐いような気もしますが・・・。

 

実は、不勉強ながら「鸚鵡石」を、実際に見たことがなかった私たち。

「本当に恐いのか?恐いとしたら、何が恐いのか!?」

「気になるー!」

 

というわけで、実際に行ってきました☆

 

場所は、伊川津と椛のシデコブシが見られる辺り。

 

車でどんどん進んでいくと、

おぉ。

「鸚鵡石→」と案内表示が出ています。

 

案内表示に導かれるまま、山道へと進んでいくと・・・

 

ありました、ありました。

鸚鵡石の看板

「伝説 鸚鵡石 入り口」の看板です。

 

看板も年季入ってますねぇ。

鸚鵡石の看板

昭和57年に作られたそうですよ。

 

この先にあるのですね・・・。

 

ここまでは車で来ましたが、ここから先は歩きで進むしかありません。

すでに、ちょっと恐い雰囲気・・・?

 

いや、看板もあるし、行けるはず です!

 

という訳で、この先は次回に続きます。


 

ホタルがいっぱい!!

Date:2012.05.25 [カテゴリ:観光スポット情報]

地元でホタルの観察をされている方に

清谷川のホタルの写真をいただきました。

 

昨日の午後9時頃の写真だそうです。

清谷川ホタル

おぉぉぉぉ~。

 

昨日の私の撮った写真と比べてみてくださいσ(^_^;)

同じ場所なのですが、カメラの腕でこんなにも違うんですねぇ。

 

もう一枚。

清谷川ホタル

すごくたくさん飛んでるんですよ!

これこれ、これがお伝えしたかったんですヽ(^◇^*)/

 

写真をご提供いただいた、K先生、Fさん、ありがとうございました!!

 

もっとカメラの勉強をしないと・・・・。

 

ホタルが飛び始めました~

Date:2012.05.24 [カテゴリ:観光スポット情報]

ホタルが出始めたよーという情報を受け・・・

清谷川に行ってきました。

 

まず手始めに「犬束橋」付近。

川沿いを歩いていくと・・・

いたいた!

30匹くらい飛んでます。

ちょっとわかりづらいですが

ホタル

こんな感じ・・・。

 

もう一枚。

ホタル

下の方にいるんですよー!

車の音がすると、すぐに逃げちゃいます。

 

上流の方に移動。

「丸一橋」の辺に来ました。

 

ここの方がたくさんいます!

100~300匹くらいでしょうか?

丸一橋付近ホタル

このポイントはいいですよ!

 

観察をしている方にうかがったところ、

「今年はこの辺りが一番多いねぇ」とのこと。

やっぱり =3=3

 

明日、明後日はもっとたくさん見れるようになるそうです!

 

皆さんもお越しになる時は、暗いので気をつけてくださいねー。

 

 

 

渥美半島ぶろぐ

最新の記事

かてごり

あーかいぶ

友好交流
フォトギャラリー
渥美半島ブログ
観光パンフレット
観光ボランティアガイド
渥美半島岬プロジェクト