ひな人形と初凧展♪ 田原市博物館

Date:2017.02.04 [カテゴリ:その他観光関連情報]
道の駅田原めっくんはうす 観光案内所からお知らせです♪


田原市博物館  平常展
 ひな人形と初凧展 
 ― 女の子の節句・男の子の節句 ―

平成29年 2月18日(土)~4月2日(日)

場所:田原市博物館企画展示室1
開館時間:午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日 (月曜日が休日の場合、その翌日)
観覧料:一般 210円小・中学生以下 無料



 3月3日の上巳の節句(ひな祭り)と5月5日の端午の節句(こどもの日)は、
わたしたちにとって親しみの深い祝い日です。
一般的に3月の節句は女の子、5月の節句は男の子の祭りとされ、
現在でも健やかな子どもたちの成長を祝う日として全国各地で
様々な行事が盛大に行われています。
田原市内においては、ひな祭りにはひな人形や天神様を、
こどもの日には鯉のぼりや鎧兜、武者人形を飾り、
またこの頃に凧あげをして子どもの成長を祝う「初凧」と
呼ばれる行事も行われています。
 今回の展示では、そんな願いの込められたひな祭りと初凧を取り上げ、
子どもの誕生とその後の健やかな成長を願う姿を、様々な形をした
ひな飾りと初凧で楽しくご覧いただけます。

「初凧」
 今年制作され贈られる初凧を展示します。
 田原の初凧は、江戸時代に男の子が生まれた翌年の端午の節句に
 親戚などから贈られた祝い凧を揚げ、その子の健やかな成長と
 家門繁栄を願ったのが始まりです。
 子どもの成長と将来の飛翔への願いは現在も脈々と受け継がれ、
 毎年5月の第4土曜日には「初凧祈願祭」が開催されます。
 武者絵、歌舞伎絵などが描かれた華やかな初凧を大空に揚げ、
 家族揃って子どものお祝いをするのです。

「ひな人形」
 市内に伝わったおひな様などを展示します。
 この地方で、ひな祭りにひな人形を飾る習慣が一般化したのは
 江戸時代後半であり、明治中頃からは男びな、女びなが一対となった
 親王飾りひな人形が飾られるとともに、素朴な味わいのある
 土人形も愛されました。
 しかし大正の末頃には、豪華な御殿飾りのひな人形が登場し、
 さらに戦後の高度成長期には現在の屏風段飾りひな人形が
 主流となって現在にいたっています。


◎同時開催
 「渡辺崋山の弟子 福田半香」  
  3月1日(水)~ 特別展示室


田原市博物館  ⇒  ☆☆☆
 TEL:0531-22-1720


道の駅田原めっくんはうすから田原市博物館までは、お車で約10分くらいです。


※田原まちなか雛祭りめぐり (観覧無料)  ⇒  ☆★☆
 はなとき通りから田原駅前通り線沿いの田原のまちなかの店舗に、
 様々なお雛様やつるし飾り等が展示されます。
 【展示期間】 2月4日(土)~3月12日(日)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.taharakankou.gr.jp/p/trackback/000869
受け付けたトラックバックは管理者の承認後、公開されます。

コメント

この記事に対するコメントはまだありません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

一覧に戻る

渥美半島ぶろぐ

最新の記事

かてごり

あーかいぶ

友好交流
フォトギャラリー
渥美半島ブログ
観光パンフレット
観光ボランティアガイド
渥美半島岬プロジェクト