田原市博物館 松林桂月展 開催中♪

Date:2013.11.30 [カテゴリ:その他観光関連情報]

 

道の駅 田原めっくんはうす  観光案内所から、田原市博物館 企画展のお知らせです。

 

 

 

 

 没後50年  松林桂月

 

 

    水墨を極め、画中に詠う

 

 

松林柱月展     松

 

 

2013年11月30日(土)~2014年1月13日(月・祝)

 

 

 

 開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

 

 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日(土)~1月4日(土)

 

 観覧料:一般500円、小・中学生無料

 

 

 

 

 

 

松林桂月(1876~1963)は、山口・萩に生まれ、東京に出て渡辺崋山の孫弟子にあたる

 

野口幽谷に師事、精緻で格調高い表現を学びました。漢詩の教養を活かし、詩・書・画の

 

全てが優れているという境地を目指す文人画-南画を描き、水墨画においては、

 

その独特の叙情的な作風が高く評価され、1958年には文化勲章を受章しました。

 

今回、30年ぶりの回顧展として詩書画の全てに優れた才能を示し、近代にあって

 

水墨画表現を極めた桂月の豊かな芸術世界を紹介します。

 

 

 

 

 

 

◎展示予定

 

  松林桂月筆愛吾盧(山口県立美術館)、十声詩意(菊屋家住宅保存会)、伏見鳥羽戦大下図、

 

   威振八荒(宇部興産開発株式会社)、秋園(宇部市)、夏景山水(絶筆)、秋渓山雉(毛利博物館)

 

   ※他に野口幽谷・松林雪貞作品あわせて約80点

   ※会期中、展示替を行います。

   ※前期12月23日(月)まで/後期12月25日(水)から

 

 

◎講演会

 

    12月23日(月・祝) 午後1時30分~

   

  「素顔の松林桂月」  崋山会館鶴の間  講師:松林明氏(桂月の孫)

 

◎ギャラリートーク

 

   12月8日(日) 午前11時~

  

  大阪国際大学国際コミュニケーション学部専任講師:村田隆志氏(企画展監修者)

 

    ※ 要観覧料

 

◎展示解説

 

    12月15日(日)・1月12日(日) いずれも午前11時~

 

   田原市博物館副館長:鈴木利昌氏

  

   ※ 要観覧料

 

 

 

 

 

 田原市博物館

   TEL.0531-22-1720

 

 

 

 

田原市博物館は、道の駅 田原めっくんはうす からお車で約10分くらいです。

 

※チラシに入場割引券が付いております。ご利用くださいませ。

 

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.taharakankou.gr.jp/p/trackback/000338
受け付けたトラックバックは管理者の承認後、公開されます。

コメント

この記事に対するコメントはまだありません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

一覧に戻る

渥美半島ぶろぐ

最新の記事

かてごり

あーかいぶ

友好交流
フォトギャラリー
渥美半島ブログ
観光パンフレット
観光ボランティアガイド
渥美半島岬プロジェクト