春の企画展 田原の美術♪ 田原市博物館にて

Date:2013.04.13 [カテゴリ:その他観光関連情報]

 

 道の駅 田原めっくんはうす内 観光案内所からのお知らせです♪

 

 

 

 

田原市博物館、渥美郷土資料館(2館同時開催)

 

田原市市制施行10周年記念/春の企画展

 

 

 

田原の美術

 

川口四郎、入江・光太郎展

 

 

 

  平成25年4月13日(土)~5月26日(日)

 

 

    会場:田原市博物館-(第1会場)

 

       渥美郷土資料館-(第2会場)

 

 

 

    開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

 

    観覧料:一般400円、小・中学生以下は無料

                              

 

     春の企画展 博物館

 

 

 川口四郎は、田原市小中山町に明治41(1908)年に生まれ、日展などを中心に活躍した

 

洋画家です。愛知教育大学などで美術教育に携わりながら作画活動に取り組みました。

 

平成4(1992)年3月、故郷に川口美術館(後の伊良湖美術館)を創設しますが、

 

同年8月に逝去しました。

 

 

 入江窈は、川口四郎の長女として昭和7(1932)年に生まれ、名古屋で美術教師を

 

しながら作画活動に取り組み、昭和25年の日展では初入選をしています。平成3年、

 

夫光太郎とともに父四郎を伴い田原市堀切町に移住し、美術館を設立。長年病魔と闘ってきた

 

窈は、渥美千景を夫婦共通の目標とし、創作活動を続けましたが、平成20年に逝去しました。

 

 

 

 入江光太郎は、香川県観音寺市に大正9(1920)年に生まれ、名古屋で国語教師として

 

在職中に窈と結婚し、本格的に絵筆を取るようになりました。体調の優れない妻を

 

補佐しながら伊良湖美術館を運営しましたが美術館は閉館。

 

 

 

 今回の企画展では、伊良湖美術館より寄贈された作品を中心に、渥美半島の風景を

 

こよなく愛した入江夫妻と郷土出身の画家川口四郎の画業を振り返りながら、三人の作品世界を

 

ご堪能いただきます。

 

 

 

 

 

 ◎ギャラリートーク  4月27日(土)午前11時~ 田原市博物館

 

               5月18日(土)午前11時~ 渥美郷土資料館

 

 

  ◎同時開催   『渡辺崋山と山下栞谷』  田原市博物館 特別展示室

 

 

 

 

 

 お問い合わせ

  

   田原市博物館   TEL:0531-22-1702

 

 

 

 

*田原市博物館は、道の駅 田原めっくんはうす からお車で約10分くらいで行けます。

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.taharakankou.gr.jp/p/trackback/000221
受け付けたトラックバックは管理者の承認後、公開されます。

コメント

この記事に対するコメントはまだありません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

一覧に戻る

渥美半島ぶろぐ

最新の記事

かてごり

あーかいぶ

友好交流
フォトギャラリー
渥美半島ブログ
観光パンフレット
観光ボランティアガイド
渥美半島岬プロジェクト