渥美半島産の菜の花の種をセントレアを通じて被災地へ寄付します。

Date:2012.07.25 [カテゴリ:復幸菜の花プロジェクト関連情報]

渥美半島観光ビューローと田原市では、中部国際空港セントレアさんの実施する

セントレア×岩手県大槌町×愛知県田原市 復幸菜の花プロジェクト」にご協力を行っています。

 

これは、東日本大震災の被災地のひとつ「岩手県大槌町」で行われている「大槌菜の花プロジェクト」を支援しようという取組で、セントレアさんのお声がけで始まりました。

 

現在、被災地への募金活動やボランティアツアー等が企画されています。

 

このプロジェクトのための「菜の花の種」を、昨日セントレアの方にお渡ししました。

 

菜種引渡し

セントレアのゆるキャラ「謎の旅人フー」も駆けつけてくれました!(*^ ^*)

 

セントレアの方から被災地の現状についてお話をうかがいます。

 

大槌町は他の被災地と同様に、津波で壊滅的な被害を受けました。

町内を流れる大槌川には津波が3kmにもわたって押し寄せ、川の中や河川敷を建物の残骸や生活用品が覆い尽くしてしまったそうです。

 

その川を甦らせ、河川敷を菜の花で埋め尽くして、被災した町の方々を励まそうと始まったのがこの「菜の花プロジェクト」だったそう。

大槌川

 

菜の花の花言葉は、「元気いっぱい」「小さな幸せ」「豊かな財産」などなどいろいろあるそうです。

 

 

お渡しした渥美半島産の菜の花の種がこちら。

菜種

本当に小さな小さな種ですが、色々な方のお力を借りながら、来年の春には被災地できれいな花を咲かせ、皆さんのもとに少しでも「小さな幸せ」をお届けすることができたら。

 

そんな風に願ってしまいます。

 

菜種引渡し

 

 

本日から、田原市内でこのプロジェクトを支援する募金も開始しました。

 

募金箱

 

募金箱は、田原市役所内と道の駅田原めっくんはうすに設置してあります。

今後、設置場所を増やしていく予定です。

 

また、ボランティアツアーも順次実施される予定となっています。

 

ボランティアに参加したことのない方でも、参加がしやすいようバスツアーとなっています。

ご案内はこちらから。

 

この取組に関しては、またこのブログ等で近況をお知らせしていきます。

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.taharakankou.gr.jp/p/trackback/000056
受け付けたトラックバックは管理者の承認後、公開されます。

コメント

この記事に対するコメントはまだありません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

一覧に戻る

渥美半島ぶろぐ

最新の記事

かてごり

あーかいぶ

友好交流
フォトギャラリー
渥美半島ブログ
観光パンフレット
観光ボランティアガイド
渥美半島岬プロジェクト